本文へスキップ

生活介護事業所 「社会福祉法人 銀河」

事業概要JIGYOU GUIDE

 社会福祉法人 銀河では、基本理念に掲げた利用者の豊かな生活を支援するため、6つの事業を行っています。


生活介護事業所「すばる」

 すばるは、定員35名の生活介護事業所です。平成13年4月1日に開所しました。「みんなが笑顔になるために」を目的として、全職員一丸となって取り組んでいます。
春は「花見」、夏は「旅行」、秋は「すばる祭」、冬は「クリスマス会」といった行事をおこなっています。
 普段は「グリップもぎ取り」「紙すき」「ボタン入れ」といった作業や、「パズル」「貼り絵」「ビデオ鑑賞」「カラオケ」などといった余暇支援に取り組んでいます。それから、毎日の運動として「よさこい」「ダンス」をしています。
みんなで「笑顔」を 出し合いながら毎日を楽しく過ごしています。

対象者及び障害程度区分 知的、身体、精神 障害程度区分3以上
内  容 通所しての、日中活動(生活支援、作業活動、軽運動など)
営業時間 9:00〜15:30
休業日 日曜日、祝祭日、施設指定休業日
定員 35名

※詳しくはお電話にてお問い合わせください。

すばるの主な年間行事

開催月 内容
4月 お花見
5月 食事会
6月 一泊旅行
7月 ウォークラリー
9月 すばる祭(法人行事)
10月 本宮祭り見学
12月 クリスマス会(法人行事)
1月 新年会
2月 カラオケ・温泉



介護サービス包括型指定共同生活援助事業所「サンハイツ葭ヶ入U」

 生活介護等の日中活動を利用している障がい者であって、地域において自立した日常生活を営む上で必要な食事、排泄及び入浴等の介護、生活等に関する相談支援を必要とする方が入居されています。
平成24年4月に開所した新築の新しい事業所で、間取りが広く全室バリアフリーとなっています。また、自室の他に、共同で利用出来るリビングや、くつろげる畳の部屋が用意されています。
  

対象者及び障害程度区分 知的、身体、精神
内  容 排泄又は食事等の介護。健康管理に係わる支援。日中活動事業所との連絡調整。掃除や洗濯、その他日常生活を営む上で必要な支援をします。
定員 6名


居宅介護事業「こんぱす」

 障がいのある児・者の方たちの特性を踏まえて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営めるよう、家事や介護など生活全般にわたる援助を行います。
また、身体介護は自宅内でのサービスとなります。
支給量・利用時間については市町村と相談して頂くようになります。
一ヶ月の持ち時間制となり、一回あたりの時間制限があります。(三時間)

対象者及び障害程度区分 知的、身体、精神 障害程度区分1以上
内  容 自宅での身体介護(食事介助、トイレ介助、入力介助)などの支援をします。
家事介助(掃除支援、調理など)
営業時間 8:15〜17:15


重度訪問介護事業「こんぱす」

 従来の日常生活支援に該当するサービスで、重度の身体障害者が地域での自立生活(アパート等で)を送るための長時間支援が可能です。障害程度区分によって単価が異なります。
日常生活に生じる様々な介護の自体に対応するための見守り等の支援を含みます。
一ヶ月の持ち時間制となっております。

対象者及び障害程度区分 重度の身体障害者 障害程度区分4以上(四肢のうち二肢に障害があり、歩行、移乗、排泄のいずれにも介助がいるもの)
内  容 自宅での身体介護(食事介助、トイレ介助、入力介助)などの支援をします。
自宅周辺のお散歩、お出かけ
通院介助、外出介助
営業時間 8:15〜17:15


地域生活支援事業(移動支援)「こんぱす」

 従来の移動介護に該当するサービスで、付き添い支援型での外出が可能です。外出では、プール・ウォーキング・買い物・映画など、利用者と計画を立て実施していきます。行動援護支給の方は、支給の対象ではありません。
一ヶ月の持ち時間制となり、市町村によって単価が異なります。

対象者及び障害程度区分 知的、身体、精神 障害程度区分1以上
内  容 基本的には、社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動等が対象
営業時間 8:00〜18:00


地域生活支援事業(日中一時支援)「おりおん」

 施設内での作業活動や余暇活動を行っています。
一ヶ月の持ち日数制となり、市町村によって単価が異なります。

対象者及び障害程度区分 知的、身体、精神 障害程度区分1以上
内  容 日中の利用になります。
営業時間 8:15〜17:15




information

社会福祉法人 銀河

〒969-1155
福島県本宮市本宮字舞台53番地2
TEL.0243-33-1447
FAX.0243-33-1448